原因箇所を突き止めよう【水道修理の前にやるべきこと】

トラブルが多い水回り!何かあったら業者へ相談

洗面台の漏水箇所をチェックするときの手順

洗面台は漏水トラブルが頻繁に発生する場所です。洗面台で漏水が起きているのを発見したら、以下の手順に沿って漏水箇所をチェックしていきましょう。

蛇口を開ける

まず、蛇口をひねって漏水箇所を特定させます。水を出せば、どこから漏水しているか調べることができます。

シャワーホースを確認

水を流したときに一番にチェックするのは、シャワーホースとレバーハンドルの繋ぎ目です。繋ぎ目は洗面台に限ったことではありませんが、繋ぎ目部分というのは漏水を起こしやすい箇所の1つです。そこからの漏水を確認できなかった場合は、シャワーホースの本体部分です。シャワーホースは触る機会が多い箇所であるため、経年劣化による破損が起きやすく、それが漏水を招くこともあります。

給水管を確認

次に見るところは給水管です。まずは給水管と止水栓の繋ぎ目部分を見ます。そこから水が漏れていた場合、ナットが緩んでいるか、もしくはパッキン部分の劣化が考えられます。ナットを締め直しても繋ぎ目から水漏れが見られる場合は、パッキンの劣化が原因である可能性が高いです。

排水ホースを確認

給水管の次に見るのは、排水ホースです。ここでのチェックポイントは、排水ホースが塩ビ管にしっかり差し込まれているかどうかです。ホースがしっかり差し込まれていないと、そこから床に水が流れてしまいます。

TOPボタン