万が一漏水が起きたら……【水道修理の業者が来る前にできること】

トラブルが多い水回り!何かあったら業者へ相談

洗面台の漏水を防ぐには対策法を知っておこう!

普段から効果的な対策を取っておけば、洗面台からの漏水を大きく予防することができます。漏水が起きやすい箇所を把握し、そこの対策法を知っておけばより効果的な対策ができます。

漏水を起こさないための対策法

シャワーヘッド
シャワーヘッドの漏水を予防するには、まずシャワーヘッドとホースの繋ぎ目のパッキン部分を分解し、そこを入念に掃除します。それだけで予防に繋がりますし、その時点で漏水が起きていた場合、掃除することで漏水が解消することもあります。他だと、フィルター部分の掃除も効果的です。シャワーヘッドにおいて、これらの部分の掃除や器具の交換はとても大事であるということを覚えておきましょう。
洗面台
洗面台のような毎日頻繁に使用する場所は、経年劣化を免れることは、防ぐことができません。ただ、ちょっとした意識や行動で劣化の進行速度を大きく下げることは可能です。例えば「洗面台でゴミや髪の毛を流さない」という心がけです。これらを当たり前のように流していると、排水管の中で固まってしまい、薬剤を使っても剥がせなくなることがあります。これが漏水の原因となることもあるのです。これを防ぐにはヘアキャッチャーが効果的です。ただ小さなゴミや髪の毛はどうしても多少は流れてしまうので、ヘアキャッチャーのようなアイテムを使ったり排水管をこまめに掃除したりし、洗面台の劣化やトラブル防止の予防効果を少しでも上げるようにしましょう。

知っておくと便利!自分でできる応急処置の方法

修理

洗面台の漏水トラブルは、場合によっては自分の手で応急処置を図れることがあります。水が流れなくなったという症状の場合、髪の毛や落とした固形物が排水管の中で詰まっていることが考えられるので、重曹やパイプクリーナーを使ってこれらを除去しましょう。手で取り出せそうであれば直接取り出すのも良いです。排水管から漏水を起こしている場合は、どこかのナットに緩みが生じていることが考えられるので、各箇所のナット部分を締め直しましょう。パッキンの劣化が原因である場合は、パッキンそのものを新しく付け直します。ざっと紹介しましたが、これらはあくまで応急処置です。基本的には水道修理の専門業者を呼び、しっかり直してもらうようにしましょう。

TOPボタン